灼眼のシャナ 感想
灼眼のシャナ。
高橋弥七郎先生による、人気ライトノベルシリーズです。
今日は、そのアニメ版 の第6話までをDVDで視聴しましたので、ついでに感想を書こうと思います。
ちなみに、原作の方は未見ですので、何か勘違いしたことを書くかもしれませんが、その時は生暖かくスルーしてやって下さい。

いやあ、しかし……。

f0029827_22503230.jpg

萌えますねえ。

f0029827_22504318.jpg

萌え萌えですよ。


もう、最近のアニメでは最高の萌えキャラなんじゃないですかね。

f0029827_22505223.jpg

フリアグネ様は。

え、シャナですか?
そういえば、そんな名前のワキ役がいた気がしますが、この作品の主役はフリアグネ様なので、華麗にスルーする事にしましょう。

フリアグネ様の魅力は何と言っても、その豪快さに尽きますね。
街ひとつを生贄に捧げるその目的は、自分で作ったぬいぐるみに命を与える事ですから。
要するに、己のフェチズムを満たすために街ひとつ消そうとしているわけで、幼女を自分好みの女性に育てて結婚した光源氏もビックリの荒業です。

しかし、変態の栄えたためし無しと言うべきか、野望の実現直前、

f0029827_236221.jpg

オープニングといい、DVDのジャケットといい、やたらと出しゃばってくる無粋なワキ役の妨害にあいます。

もちろん、このようなワキ役如き、

f0029827_2316262.jpg

フリアグネ様の敵ではありません。

それどころか、急所を狙って一撃必殺を狙ったりはせず、あくまで紳士的に、致命傷にならない程度の攻撃で済ませます。

このような、ワキ役如きにそこまでのご慈悲をお与えになるとは、さすが主人公は違います。
が、そのフリアグネ様の優勢も束の間、

f0029827_23211482.jpg

シャナ同様に、モノローグ等でやたら出しゃばるワキ役の助言が原因で急にシャナの動きが良くなり、フリアグネ様は追い込まれてしまいました。

ちなみに、フリアグネ様が街ひとつを犠牲にして命を与えようとしているぬいぐるみは、

f0029827_23255081.jpg

既に、シャナ相手に神風アタックを敢行して消滅していたりしますが、

f0029827_23272766.jpg

特に気にした様子も無く、普段そのぬいぐるみを抱いてる場所をなで続けます。

これはおそらく、気がふれたのではなく、気がふれたように見せかけてワキ役達が油断した所を突こうという頭脳的な作戦なのでしょう。
さすがは、フリアグネ様。
このようなシーンからも、主役に相応しい知性が滲み出ています。

しかし、所詮はワキ役と言うべきか、

f0029827_2335293.jpg

フリアグネ様が直接手を下さずとも、先ほどの神風アタックで半死半生になっていました。

これはチャンスです。

f0029827_23361495.jpg

フリアグネ様も当然、銃を取り出して狙いを定めます。

が、

f0029827_23375299.jpg

とっとと殺せばいいのに、フリアグネ様は何故かそうせず、口上を述べ続けます。

そう、フリアグネ様はおそらく、番組の残り時間を危惧しておられたのです。

確かに、このようなワキ役如き、フリアグネ様なら瞬殺できます。
が、それをやれば番組の残り時間、間が持ちません。
だからこそ、フリアグネ様はトドメを先延ばしにすることで、何とか尺を稼ごうとしているのです。
仕方がありません。主役ですから。
主役ともなれば、色々と気苦労も多いのです。

許せないのは、あのワキ役です。
彼女は、頑張って尺を稼いでいたフリアグネ様の一瞬の隙を突き、

f0029827_23435554.jpg

ガラス片を投げつけて、フリアグネ様の左手の指を切断してしまいました。

そう、

f0029827_23452013.jpg

フリアグネ様は、左手の指輪が発生する不思議バリヤーのおかげで火炎弾などの弾道は逸らせるのですが、ガラス片をぶん投げる様な原始的な攻撃には、すこぶる弱かったのです。

「だったら、最初からマシンガンでも持っとけよ
という、危険なツッコミが聞こえてきます。

さすが、ワキ役だけあって、フリアグネ様があれだけ頑張って番組を盛り上げてくださっていたのに、一瞬で台無しにしてしまいました。

しかし、フリアグネ様はさすが主人公。
番組の残り時間もイイ感じに減りましたし、すぐに冷静さを取り戻して、あくまで紳士的に、最後の一撃を、

f0029827_23532865.jpg

拳で放ちます。

決着は、あくまでグー。
さすが主人公、お約束を忘れません。

結果、

f0029827_23543257.jpg

f0029827_23554178.jpg

f0029827_2355498.jpg

フリアグネ様は、死んでしまいました。

原因は間違いなく、この無粋なワキ役が刀を使った事でしょう。
フリアグネ様は、自分があれだけ紳士的に振舞ってきたのだから、当然、相手も古式にのっとり最後はグーで来ると考えていたのに、このワキ役はその信頼を裏切り、刀を使って汚い勝利を手にする事を選んだのです。

ああ、何という事でしょうか。
この卑劣な行為によって、第6話だというのに早くも最終回です。
もう、フリアグネ様のご尊顔を拝する事は適わないのか……。

いえ、我らがフリアグネ様が、この程度の事で諦めるはずがありません。

f0029827_021733.jpg

DVDの特典映像を、ちゃっかり占領していました。

そのドロンボーの如き、不屈の精神。
そこに痺れる、憧れるう。
DVD第3巻以降も、フリアグネ様の活躍に目が離せないぜ!!

[PR]
by ejison2005 | 2006-03-03 00:05 | アニメ | Comments(1)
Commented by 黒川 at 2006-03-03 01:23 x
シャナは「刀を持った女の子がメロンパンを食う話」程度の知識しか有りませんでしたが、そんなぶっ飛んだ目的で戦う敵役が居る話だったなんて(^_^A
ちょっと興味がわいてきましたw