週刊少年ジャンプ 09年 10号 感想
 みんなよけろ! ヨゴシマクリタインだけはゆるせない!


 トリコ

 バトフレ暴走での威嚇といい、ラストのオブサウルスといい、しまぶーは色んな方法で強さを表現しようとするな、と感心することしきり。スカウター形式の捕獲レベルだけに甘んじず、そこから更に表現の輪を広げようとしているのがいいね。チャレンジ精神を感じる。
 あと、トラブルを引き起こしてばっかりで、今週その思考論理もTo LOVEる的であったことが分かったリンが(脚本:長谷見だったら襲われてたね!)、赤魔導師としての役割を背負いうると分かったのはよかったと思います。毎回毎回やられても困るけど、
 ピンチ → バトフレでの強化
 というコンボも使用可能ですし。薬品のバリエーションを増やせば、活躍の幅はいくらでもあるぜ。


 ワンピース

 「私は…サルデス!!」「へー…そうなのか そうは見えねェけど」「違う!! 今お前は勘違いをしている!! 私は……サルデス!!」
 というやり取りが地味に分かりづらかったです。ルフィは「私は…猿デス!!」と聞き間違えたんだね。
 再登場したボン・クレーが、過酷な環境でも元気にしていたのは嬉しかったな。うん、彼はこういうキャラだよ。ミスタースリーの時も思ったけど、こんだけ大量にキャラを出してきて、個々の性格をブレさせないのは大したもんだ。


 ナルト

 仙術チャクラを還元……だと? そんなことができるんかいな。
 先週、仙人モードがGN粒子みたいな万能さだと書きましたが、それは誤りでしたね。影分身こそ、この作品におけるGN粒子だ。
 ていうかー、ペインもペインで何しているんですか。仙人モードじゃないナルトくらい、瞬殺しようぜー。他のペインも例によって棒立ちだし。いや、カエル軍団だって基本棒立ちだけど。


 バクマン。

 実は以前、こちらの記事で「漫画家を目指すのならアシスタントなどやるべきではない」と書かれていて、それがひどく印象に残っていたのですが、今週のバクマンでも同じ問題に触れているのを読んで、これはアシスタントさんの共通見解なのかな~と思ってみたり。素人的には、創作現場で仕事した方が早道なんじゃねーの? と思ってしまうものですが、全然そんなことはないという。
 今週のバクマンでも、十年以上アシスタントをやっている中井さんの能力をクローズアップして、サイコーが「マジハンパねえ!」とか驚いてましたが、それと引き換えになっているのが貴重な貴重な貴重な貴重な貴重な時間(&情熱)ですからね。
 漫画的には、こっから中井さんが再起を図ってくれるのが面白いだろうし、王道ではあるんだろうけども、この作品の目指すものを考えてみると、このまま惰性でアシスタント続けていくというのも、意外と面白いんじゃないかな。所詮は脇役なわけですし、主人公として躍進を義務付けられているサイコーではできないことを、彼に演じさせてみるというのも悪くはなさそう。


 リボーン

 うーん、このガッカリ感はなんなのでしょうか。未来編で面白かったのは、強力な組織同士による大規模な戦争にあったのに、突然それが何の意味もないものであるとか言われてもポカーンとするしかないよ。
 そんでこのラストを見ると、ヴァリアー編のように守護者バトルを始めそうな気がバリバリするんだけど、まさか……そんな……ハハ……ないよねえ?
 いや、やるんだろうけど。

 真面目な話をすると、漫画の宿命として白蘭は倒れなければならないから、普通に倒しても消化試合にしかならない、というのはあるんですよ。だから、何らかの刺激を加えたい! という狙いは分からんでもないのですが……もうちょっと、これまでの積み重ねを活用する方法はなかったものか。


 サイレン

 あらためて見ると、ワイズの皆さんの服飾センスはハンパねえセンスだ。特にグラサンがイカスよね。ガイアが俺にもっと輝けと囁いている。せっせとサイキック強盗して稼いだ軍資金は、こういうところへ費やされてるんだね!


 アイシールド

 「世界ナンバーワン」「世界ナンバーワン」とやたら強調してるせいで、一瞬、「(プロも含めた上での)世界ナンバーワン」だと勘違いしてしまったり。アメリカの人たち、誰もティーンエイジャーに見えないもんなあ。
 ついでに彼らから、まったく世界最強チームとしての威厳が感じられないというのは、まあ、現状のアイシールドじゃ仕方のないことなんでしょう。せっかく、「ケチケチせずに全力の俺らをアピールしようぜ」という方針で行動するチームにしたのなら、彼らと他国の試合をクローズアップしてプレイスタイルを見せるくらいはしても良かったのにね。


 ネウロ

 あからさまにシックスを誘い出すブラフな「弥子さんバッテリー説」ですが、これはネウロに止めを刺すべくやってきたが最後、警察の皆さん勢揃いとかそういうオチが待っているのでしょうか。このまんまだと、偉い人に啖呵切ってた笛吹さんが道化になっちゃうし、ラスボスとの戦いである以上、過去の登場人物にも見せ場は欲しいしね。

 しかし、先週のぬらりひょん感想でも書いたけど、「謎に包まれた恐るべき存在」の謎が剥がれちゃうと、途端にスゴ味が半減しちゃうものなのだなー。いや、フリーザ様とかは謎を明かしても超怖かったわけだから、謎が剥がれたから怖くないというよりも、それによって力の底がしれてしまうから怖くない、というべきか。
 いくら金属だぞー強いんだぞーとか言われても、魔帝7ツ兵器とか出されたら一撃死しそうではありますしね。ネウロも、万全でも苦戦する(逆説的に「でも勝てる」)程度にしか捉えてませんし。
 でもこれ、松井先生のことだからわざとやってるよね。
 諸説あるこの作品の落とし所ですが、この分だと「シックス……貴様は所詮『人間』なのだ」ENDが待っていると考えて良さそうです。そして、それを踏まえるならやはり、「人間の強さ」を示すため、上で書いた通り警察の皆さんに頑張ってもらうなりして欲しいな。


 めだかボックス(読切)

 以前、小畑先生とうろおぼえウロボロスを書いた西尾先生が、今度は暁月先生とコンビを組んでリベンジマッチを挑んできた今作……確かにうろおぼえよりは格段のレベルアップを感じます……感じはしますが、でも……うん……微妙(´・ω・`)

 「微妙!」のひと言で終わっては感想にならんので真面目に書きますが、読み終わって一番に感じたのは主人公目立たねーなーということ。

 例えば、ファンタジー要素を備えた作品とかなら魅力的な世界観の提示とかで乗り切ることもできますけども、この作品は現実的な世界観ですからね。どうしても、キャラの魅力とかで勝負せざるをえないし、西尾先生的にもそこを見て欲しいと思っているでしょう。実際、ヒロインも主人公も、キャラとしてちゃんと立ってるし、それぞれ魅力的ではあるとは思います。

 でもさ、この構成だとスポットが当たるのはどうしても柔道部になっちゃうわけで、「生徒会会長とその腰ぎんちゃくのエピソード」というより「ダメな柔道部が再起するエピソード」になっちゃってるんですよね。結果、主役格を差し置いてサブキャラが成長するという変なエピソードとして終始してしまっている。それならば、生徒会設定を抹消してめだかと善吉が駄目な柔道部へ新入生として入部するという構成にした方が、よほどスマートというものです。

 うん、書いてて僕も考えがまとまってきたんだけど、要するにこれは読切のていをなしていないんですよ。連載中の作品から、サブエピソードを拾ってきました! みたいな仕上がりになってしまっている。
 そうではなく、もっとはっきり作品としての主題が伝わってくるような、そんな構成を期待したかった。この作品でいうのなら、主人公とヒロインの関係に焦点を絞り、生徒会活動を通じて二人の関係性が若干ながら変化するような、そんなエピソードにして欲しかったです。

[PR]
by ejison2005 | 2009-02-04 03:57 | ジャンプ感想 | Comments(13)
Commented by パポパポ at 2009-02-04 05:52 x
カラーのトリコの頭身がとってもステキです。

◆トリコ
たったの一蹴りでトリコ達を遥か500km先まで蹴り飛ばしたロックドラムSUGEEEE!東京から鳥取までひとっとびですよ。音速でも約25分間空中をブッ飛び続けるという。80回蹴っ飛ばされれば世界一周!
多分トリコはオブサウルスを屈服できないんじゃないかなーと。あれなら勝てない相手と戦わずに、勝てる相手を倒すことで敵の強さを認識できるので。まあ意外と普通に勝っちゃうかもしれませんが。最近株下がってる気がしますし。

◆ナルト
影分身がカエル化→本体もカエル化な時点で影分身バッテリー化はバレバレだったんですが、にしたってすごい設定だなあ・・・
というか、チャクラ等分配の設定がなくなったと思ったら、今度はチャクラが還元されることになってもうワケがわかりません。自然エネルギーを集めてるはずの影分身が、カエル化どころか仙人化すらしてないのも意味が分からないし・・・
Commented by パポパポ at 2009-02-04 06:03 x
◆バクマン
アシの善し悪しは、先生によるんじゃないですかねえ。積極的にネームとか見てくれる人もいれば、ただ仕事だけしてろって人もいるみたいです。人によっては「いついつまでにマンガ描いて来い」ってノルマ出す人までいるとか。
中井さんはいっそプロアシとして実力を余すことなく使って欲しいなーと思ったり。というか、バクマン内での立ち位置的にそうでもないと活躍できない気が・・・急に覚醒ってわけにもいかないでしょうし。

◆サイレン
真っ昼間から薄暗い部屋でカブトと逢引するヒリュー。
一方アゲハは雨宮と病院でイチャついていたのでした。完。

◆アイシールド
国家の代表として行った選手団が、着いてみれば車盗むわ無免で乗り回すわパトカーでカーチェイスするわ、挙句の果てに大統領の家族に襲撃かけるわ、何しにいったのかわかんなくなってきました。テロ国家指定受けそう。
Commented by パポパポ at 2009-02-04 06:09 x
◆ネウロ
金属の弱点といえば直感的には電気ですが、XIもテラも電撃でやられてるので、今更シックスに通じるとも思えないなあ・・・五行的には火が弱点ですが。
嘘だと分かっても乗らざるを得ない情報に釣られたシックスですが、僕も誘い出した先に警察がいる気がします。ただ、いたとして役に立つかは微妙ですが・・・

◆こち亀
最初の1Pで、ある種の完成をしていると思います。なぜならあのたったの1Pで読者みんなが「テレビ見てねーで働け」と思ったはずだから・・・

◆スケットダンス
キャプテンかわいいよキャプテン。
Commented by せなか at 2009-02-04 11:41 x
パポパポさん・・・
ただのコメントがそこまで濃いと、エジソンさんも返事しづらいんじゃないかと。
すごく考察されていて、なるほどね~とも思いますが、もはや「エジソンさんの記事へのコメント」ではないですよ。
Commented by レト at 2009-02-04 18:06 x
>めだかボックス
主人公のキャラの弱さはライトノベル譲りなんでしょうね。
Commented by humat at 2009-02-05 20:25
>リボーン
自分としては守護者だけでやるならヴァリアーの時の大空戦みたく最初から総力戦で行って欲しいな。まぁ、確かに白蘭潰すだけと言うのはあまりにもあっけないのでそれなりの盛り上がりが欲しい。まぁ、この六人の中でも偽者のほうが強い奴がいてくれればいいのですが・・・・・・・。そうじゃないと入江や幻騎士の立場が無いよ。ここら辺はなんらかの理由で偽者にさせられたというのが望ましい。

>せなかさん
そういうのはいつものことなのでつっこんでも無駄なような気がする。というかこのブログがそういう人間がかなり集まってくるような気がします。掲示板とかチャットとかあったはずなのですが・・・・。
Commented by ヒャア我慢 at 2009-02-07 23:52 x
>ナルト
変化の術もGN粒子並みに万能っすよ
今週で螺旋丸にまで化けたし、変化の術と影分身の術があれば諜報では無敵になれますね

km単位どころでは無いレベルで離れているのに影分身が制御できてる
ってこれ凄くないっすか?何でジライヤがわざわざ本体で行ったのか分けわかんなくなってきます
Commented by こう at 2009-02-09 01:06 x
>ワンピース
ボンちゃん再登場は予想通りといえば予想通りだけど嬉しくなりましたね
LEVEL5にはクロコダイルも待ち構えているようですし、本当に先が気になるぜ・・・

>リボーン
幻騎士さんのあんまりな待遇に泣いた

それはさて置き、やっぱりこの展開はがっかりですね
そもそも、本部には大勢の敵がいるのにわざわざボス格を用意する必要があるのか、と
こいつらと残り一人の六弔花と白蘭(あとちゃっかり逃走に成功した幻騎士さん)がいれば十分でしょうに
天野先生の戦闘は乱戦や集団戦、組織戦のほうが何故か好きなのでそういう意味でもしょんぼり
骸を無傷で一蹴するくらいなんだから守護者+ヴァリアーを圧倒しても文句言わないのに・・・
Commented by ejison2005 at 2009-02-09 01:44
>>パポパポさん
>バクマン
よくよく考えてみたら、先生の側にアシを育てる義務なんてないわけですしね。そこら辺は、先生の考え方によるのかー。

>スケット
キャプテンのことをモブだと思ってた自分を恥じる……!
Commented by ejison2005 at 2009-02-09 01:45
>>レトさん
ラノベについて語れるほど読み込んでないからなあ、僕って。最近、このジャンルに対してはすごく弱気になってきた。
Commented by ejison2005 at 2009-02-09 01:46
>>風魔さん
チャットはなかったけど、掲示板は閉鎖しちゃったんですよね。コメントで十分だということが判明したので。
Commented by ejison2005 at 2009-02-09 01:47
>>ヒャア我慢さん
敵も味方も影分身のみを戦場に送り、戦わせれば決して血の流れない綺麗な世界が完成する……!

やった! ナルト! 完!
Commented by ejison2005 at 2009-02-09 01:48
>>こうさん
読者の誰もが、「さあ! 全員で最終決戦だ!」と思ってただけにズッコーとなりましたね。
こればっかりは、引き伸ばし乙といわれても仕方がないと思う。