週刊少年ジャンプ 09年 08号 感想
 コメントで勧められたので、赤マルを購入して秋本先生の新作読切「KAKIMARU」を読んでみました。
 …………………………。
 …………………………。
 …………………………。


          ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 俺が読んだ事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『時代劇だと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったら何の脈絡もなく恐竜時代にタイムスリップした』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    タイムリープだとか時を駆ける電車だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


 秋本先生、あなた疲れてるのよ……(スカリーの口調で)。
 そして全然関係ないけど、今週のプリキュアが面白かった。変身ヒロインとは思えない威力の攻撃をぶちかますプリキュア五人組とか、ノリノリでフリーザ様ゴッコを始める館長とか。
 でも、一番輝いてたのはブンビーさんだ。異論は認めない。


 銀魂

 五周年突破記念の人気投票が、なんと二回目だったことに超ビックリ! 何故だかもっと頻繁にやってる印象があったぜ!
 この漫画に限らず、女性層の人気が高い作品は総じて人気投票が多いイメージが、僕にはあります。俺は先入観に囚われた男だよ。

 それはさておき、根性入ったお通ファンであるはずの新八がチップスの存在を知らないのは何故なんだぜ。

・なんちゃって遊戯王のコーナー
 空知先生が優れている点は、誰もがお通ちゃんネタでくるだろうと予想したところへ、あえて裏方バンドのメンバーやらスタイリストやらを投入してくる、その発想力ですね。何つーか、正しい意味で期待は裏切らず、予想は裏切ってくれている感じ。ちゃんと自分自身が定めた枠の中、それを超えるか越えないかというギリギリのところでサプライズを与えてくれてるんですよね。
 その枠をぶっちぎっちゃうと、予想「だけ」は裏切れても単に滅茶苦茶なだけの結果に終わってしまうわけで、今回のこれは非常にクレバーな作劇であるといえるでしょう。

・終盤の逆転ネタ
 何というか、こんなもん絶対カードゲームの範疇超えてるだろwwwと思いながら読んでたんだけど、そういや、本家遊戯王も(特にペガサス編辺りでは)こんな感じだったと思いだしました。
 確か、キースがペガサス(の操るトム少年)に敗れたバトルなんて、「このカードによって地面は割れてるはずだから、別にそんな効果は記載されてないけど、あなたの攻撃は無効でーす!」とか何とか言って負けるんだよな。あの頃の遊戯王は、カードバトルというよりTRPGだった。


 ワンピース

 本編とは全然関係のないことで恐縮ですが、ワンピ世界って物が溶けない毒もあるんだなーと思ったw
 驚異であることには変わりないんだけど、今まで出てきたあれは酸だよなあ。

・ジンベエ登場
 さて、大昔から存在をほのめかしていたというジンベエが、満を辞しての登場となったわけですが、ここでジンベエを半死半生の状態にしているのは、何気に上手いなーと思ったり。
 彼がどういう人物なのかを示すのにも好都合ですし、何よりエースと二人で「凄い実力者だけどHPが激減してて役立たずと化してるコンビ」を結成できますからね。あくまで主役はルフィなのだから、NPCが目立ってはいかんのです。
 蛇姫様の能力を封じたことといい、そこら辺は徹底しているね。


 ナルト

 主役登場前に切り札を使ってしまったばかりか、守りの要であろう吸収ペインを無策で裸単騎特攻させるとは……大した奴だ。
 というか、これって要するに吸収ペインが健在だと来週発動予定の新術がかっ消されてしまうから、ていのいい生贄にされてしまっているわけなんですよね。これが岸本先生の悪いところで、主人公をちょっと甘やかし過ぎている。楽チンな修行で会得した仙人モードといい、今回の吸収ペインの件といいね。
 これ、普通の文脈でバトルを描くのなら、術を発動したいけど吸収ペインがいるためにそれを出来ないナルトが、いかにしてこの状況を打破するのかに重点を置くよな。

 そしてどうでもいいですけど、今週で螺旋丸をちゃんと分身と作ってるのを見て、安心したのやら何やら。やっぱり、ナルトはナルトだよ。アルティメット化した悟飯など目じゃないくらいに増長していることも含めて。


 トリコ

 サニーの正体は髪の毛……つーか、要するに糸使いでした。髪の毛使いっていうと、ラブ・デラックスの山岸由花子とかを思い浮かべてしまいますが、あっちと違ってこちらは肉眼で見えないということで、あまりビジュアル的にキモくないのがいいね。
 フライ返しについては、実は能力の性質上、同じ力でそのままカウンターしてしまうというのはかなりのバカ設定になるんだけど、それをトリコに言わせてるのはずるいなーと思ったり。この男にこんな力強く断言されてしまっては、納得するしかないじゃないか!

 でも、その後に、
「ダイニングキッチンの中で サニーに勝てる奴はいない…!」
 と言ってしまったのは結構な失点なんじゃないかな。それは破られてしまうフラグだ……! (そして海からスタージュン機上陸)


 リボーン

 ライガーってのは、こういう動物だそうです。ちなみに、トラのオスとライオンのメスだとタイゴン
 ライガーが雑種の名称だというのは、これを読んで初めて知ったなあ。俺、今までずっとシールドライガーのことをライオン型ゾイドだと思っていたよ。スーパーロボット大戦Kが楽しみだよ。


 バクマン。

 サイコーwwwww最低すぐるwwwww
 いやはや、今週は素晴らしい「お前が言うな」だったなあ。爆笑してしまった。てめーだって、小豆とイチャつける状態だったら似たようなことするんだろーが。
 ちなみに、こんな書き方してるけどサイコーのことが逆に好きになってきましたわ。一週回って可愛く思えてきた。親友が先んじて童貞喪失(大げさ)しようとしてることが分かったんだから、ラストの焦りも得心できますし。

 ちなみに、アシスタントについてはこのスレがとても興味深かったです。他には、みにまるさんのブログとか読んでみるのもいいと思うよ。

 個人的には、全く経験&技術がなくてもベタから雇われる~というのが意外でした。何だかライン工みたいだ。


 マイスター

 四つの強豪校を紹介するページで、「何て雑魚っぽい連中なんだ!」と思わせてしまうのが、この漫画の全てを象徴してるよなあと思うわけです。
 黒子もそうなんだけど、それなりの実力派高校というふれこみの主人公チームでさえ、読んでて大した連中には思えませんし。


 トリガーキーパー(読切・前篇)

 色々と置いといて、ヒロインの能力が今現在大絶賛放送中のとあるアニメに出てくる僕の好きなキャラのそれと、描写がとてもとてもとてもとてもとても似ているのが、むっちゃ気になるんですけど……。
 ベクト……げふんげふん。


 ぼっけさん

 テレパシーで会話してるはずが、うっかり声に出しちゃって恥ずかしがってる菩怪がとても可愛かったです。グロンギだってここまで世間体は気にしてなかった気がする。

 で、彼らが素直に喫茶店とかで集まらず厨二ごっこをやっているっていうのは、やっぱり警察による捜査とかを恐れてのことなのかな? だとしたら、第一話で感じた、
 >>少年漫画界の標準から考えたらあまり高いものではないと予想できるので、ちまちまとしたご近所バトルが展開されていく気がビンビンします。
という問題も、さほど気にする必要はないのかも。ちゃんと近代兵器には負けうると自覚し、忍んで行動してくれるのならば寄生獣みたいな展開を期待できますし。


 ぬらりひょん

 今週リクオに小物呼ばわりされてしまった玉草ですが、読んでる僕としてはそんなに小物っぽく見えないところが不思議なところ。
 取ってる行動そのものはとってもテンプレートで、分かりやすい悪党というイメージなんですけどねえ。それをここまで堂々と行い、「部下となったからには使い捨てでも文句は言わせないぜ!」と断言しちゃってる辺りが、清々しくて好感を抱けたのでしょうか。

[PR]
by ejison2005 | 2009-01-22 19:04 | ジャンプ感想